病院紹介

院長あいさつ

京都府立洛南病院 院長 山下俊幸

京都府立洛南病院は昭和20年の開院以来、府内唯一の公立精神単科病院として、他の病院では診療が難しい患者さんへの「救急医療」や「専門医療」を担ってきました。

当院では平成14年にスタートしました府南部圏域における精神科救急医療システムの「基幹病院」として、精神科救急の砦としての役割を果たすとともに、平成18年には「思春期専門外来」を開設し、平成23年には「認知症疾患医療センター」の指定を受けるなど、医療ニーズの変化に対応して、先進的な医療・看護に取り組んできました。
さらに、平成25年には「若年性認知症専門外来」を開設し、「光トポグラフィー検査」や「うつ病の磁器刺激治療」を導入するなど、より専門的な医療にも取り組んでいるところです。

時代の流れの中で、思春期の心の健康や高齢者の認知症、増加するうつ病、アルコールや薬物等の依存症など、府民から求められる精神科医療のニーズは一層多様化しており、これに伴い、精神科医療のあり方も大きく変わろうとしています。
洛南病院は、このような様々なニーズに対応すべく病院の機能をさらに強化するとともに、電子カルテを活用して、診療所や病院、行政等の関係機関との「地域連携」を一層進めていきたいと考えております。

これからも、府民のこころの安心・健康を守る拠り所として、職員一同さらに研鑽を重ねてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

京都府立洛南病院 院長 山下俊幸

このページの先頭へ